ワイナリー紹介

Domaine de L'Arjollefranceドメーヌ・ド・ラルジョル(フランス)

陽気な人々が集まるワイナリー。

ラングドック地方の中心都市モンペリエから、西へ約40km。「モン・セヴノル」という標高250mの小高い山の裾野に葡萄畑を所有する、François TEISSERENC (フランソワ・テスラン)氏。
テスラン家がこのドメーヌを手に入れたのは1850年。4代目のルイ=マリ・テスラン氏の代になってから、急速に品種改良が進みました。現在は、5代目のフランソワ氏が引き継いでいます。
最近完成した広くてきれいな熟成庫は、人が集まればあっという間にパーティー会場に早代わり!

「良いワインは良い葡萄から」をモットーとする、減農薬農法。

テスラン氏の農場では、「良いワインは良い葡萄から」をモットーとし、高度な技術と手間暇をかけて、葡萄の樹1本1本を大事に育てています。「リュット・レゾネ」と呼ばれる減農薬農法を基本方針とし、病気に対しては専門家のアドバイスをもとに、自然環境に配慮した方法で必要最小限の処置を行います。害虫に対しては、その天敵動物を投入して被害の拡大を防ぐ方法を取ることも。
“テラ・ヴィティス”(「自然環境に配慮した栽培・醸造」を基本理念に掲げる、ぶどう栽培者と醸造者から始まった全フランス規模の団体)の認証を受けています。

また5年に一度、畑の土壌の状態を分析し、必要ならば施肥を行っています。このとき用いるのは自家製の有機肥料で、ワイン醸造の過程で生じたマールや澱などに家畜の糞を15%ほど混ぜて作ったもの。
手入れの行き届いた畑では、畝と畝の間にわざと雑草を残し、余分な養分を吸収させるという独自のノウハウも駆使しています。
収穫前には「青刈り」と呼ばれる、収穫量を減らして品質を上げるための作業を実施。収穫方法は一部の手摘みを除き、80%ほどが機械摘みですが、収穫後の手作業による選果を徹底しています。

  • 「コンクール・ジェネラル・パリ」にて多数のメダル獲得。
  • 「ル・クラスマン・デ・ヴァン・ド・ラングドック・ルーション」(2000年刊行)に掲載される。
  • 「メリディエンヌ2003」がオランダのロゼワインコンクールで最優秀賞に選ばれる。
  • ロバート・パーカー著「フランスワインガイドブック」にて「エキノックス1998」の88点をはじめ、たくさんのワインが高い評価を得る。
  • ガイドブック「ゴー・ミヨー」にて毎年高評価。2011年度版には7種ものワインがエントリー。
  • フランスで最も信頼されるガイドブックの一つ、「ル・ギィド・アシェット」にて高い評価を得る。
  • 「世界のメルロコンクール」にて、2008年には“キュヴェ・サンテーズ・フュ・メルロ '07”が金賞受賞。2010年大会でも、同キュヴェが銀賞受賞。
  • オランダのワイン専門誌が開催するコンクールで、ヨーロッパのカベルネ・ソーヴィニヨン部門において、唯一の5つ星評価で1位を獲得。
  • 「ヴィナリー・インターナショナル・コンクール」で、「カベルネ・ド・ラルジョル 2009」と「パラドックス 2009」が銀賞を獲得。