自然派ワインについて

難しかったり、フォーマルだったりしない
肩肘張らない「スイスイ飲める」フランクなワイン。
それが、自然派ワインです。

これまでのワインの飲用シーンでは、「味覚+知識」という内的な要素に加えて、シュチェーション+ロケーションなどの外的な要素が、また、うんちくや固苦しさがワインの飲用に対し高いハードルを感じさせていたのではないでしょうか。そんなの、必要でしょうか?
気軽でフランクなワイン「自然派ワイン(ナチュラルワイン)」は、自由に楽しめるのが魅力です。
難しく考えず、仲間たちと楽しく、お気に入りのシーンで、お好みの肴で、個時間のOFFに、シンプルにスイスイ飲めるワインを楽しみましょう!

BIOロジック製法

化学肥料や農薬(除草剤、殺虫剤など)を用いない農法のこと。有機農法とほぼ同じ意味で用いられます。有機肥料を使わない生産者や、限られた有機肥料のみを使用とする認定機関があります。

ビオディナミ農法

月の運行を基とした暦に沿って農作物の栽培をするもので、農薬や化学肥料は用いず、代わりに鉱石や植物でつくった調剤を適切に用いることで、農作物やブドウ畑の生命力を高めるとされる農法のこと。

自然派ワインが曖昧な定義をされているのはなぜか?

自然派ワインとして確立された定義がされておらず、生産者や流通業の共通認識が曖昧な規定されているのは、自然派ワイン(ナチュラルワイン)生産者が、独自の感性を基に「自らの想いとセンス」で製法を用いて醸造を行い、個性豊かなテイストのワインを創出しているからです。
そのため「BIOワイン」の基準を満たしていても、独自の感性を貫くため(規定に縛られたくないため)に自然派ワインとして生産している生産者も多くいます。