ワイナリー紹介

CAVE D'ESTEZARGUEfranceエステザルグ農業協同組合(フランス)

フランス最小にして高い実力を誇る農業協同組合。

エステザルグ農業協同組合は、フランス最小の組合と言われており、加盟している生産者数は10名たらずです。ローヌ河南部の街アヴィニョン南西側のシニャルグ地区に位置しており、複雑な地層や多様な品種のぶどうを使ってコクとボリューム感に富んだワインが造られています。

有機栽培を原則とする、品質重視の希少な自然派ワイン。

各農家の畑はほとんどが有機栽培で管理されており、化学肥料や除草剤は一切使用しません。どうしても農薬散布が必要な場合も極少量に抑える「リュット・レゾネ(減農薬)」を導入しています。
したがって、フランスの一般的な「農業協同組合」が生産している大量生産のがぶ飲みワインとははっきりと一線を画しており、まさに品質を重視したいわゆる自然派のワインを生産しています。